DMEとは

 DME(Di-Methyl Ether、ジメチルエーテル)は、その化学式が、CH3OCH3で示される物質です。DMEは、沸点-25.1℃で、常温では無色の気体ですが、飽和蒸気圧が0.6Mpaと低く、圧力をかけると容易に液化します。その性質がLPガスの主成分のプロパン、ブタンに似ているので、貯蔵、ハンドリングはLPガスの技術が応用されています。

 DMEは、スプレー噴射剤用に導入される時点で、低毒性で環境負荷が低いことが既に確認されていましたが、燃料として多量に流通する場合の安全性評価については、新たに、詳細な試験が行われ、安全性はLPガスと同等であることが確認されています。

 炭素同士の結合を持たないので、燃焼時にススが発生せず、また、硫黄分を含まないので、SOXの発生もありません。水素リッチで熱量当りのCO2の発生も少なく、NOXの発生も少ないため、環境負荷の極めて小さい「次世代のクリ-ンエネルギー媒体」です。

 DMEは、天然ガス、石炭などの化石資源だけでなく、バイオマス、太陽光発電電力により生成した水素などまで、幅広い原料から製造可能です。

 LPガス、天然ガスと同様に、家庭用燃料、発電用燃料、更にはディーゼルエンジン用燃料や、燃料電池用の燃料等、幅広い用途に利用可能な新エネルギーとして期待されています。

DMEの物性

 燃料としての基本物性を、他の関連する燃料と対比して示します。

DMEと関連する燃料の物性比較

項目 DME メタン プロパン メタノール 軽油
化学式 CH3OCH3 CH4 C3H8 CH3OH -
沸点(℃) -25.1 -161.5 -42.0 64.6 180〜360
液密度(g/cm3,20℃) 0.67 - 0.49 0.79 0.84
ガス比重(対空気比) 1.59 0.55 1.52 - -
飽和蒸気圧(MPa,25℃) 0.6 - 0.9 - -
自然発火温度(℃) 350 650 470 450 250
爆発限界(%) 3.4〜17 5〜15 2.1〜9.4 5.5〜36 0.6〜7.5
セタン価 55〜60 0 5 5 40〜55
低位発熱量(MJ/kg) 28.8 50.2 46.4 20.1 42.7
低位発熱量(MJ/m3 59.2 35.8 90.9 - -

DMEの規格

 DMEの製造法、流通方法と使用機器側の条件を考慮して検討が進められ、燃料DMEのJIS規格K2180が2013年3月発行されています。自動車燃料用DMEのJISは、現在検討中です。
燃料DMEの国際規格ISOは、現在検討中で、2014年に発行の予定です。
燃料DMEのJIS規格K2180を示します。

燃料DMEJISK2180記載の仕様

項目 単位 基準値
DME純度 質量% 99.5以上
メタノール 質量% 0.050以下
水分 質量% 0.030以下
炭化水素(C4以下) 質量% 0.050以下
CO2 質量% 0.10以下
CO 質量% 0.010以下
蟻酸メチル 質量% 0.050以下
エチルメチルエーテル 質量% 0.20以下
蒸発残渣 質量% 0.0070以下
全硫黄 mg/kg 3.0以下